再建へ向けて

  • 2018.07.20 Friday
  • 19:00

 

 

床上浸水の被害に合われた住宅の床下の泥もだいぶなくなってきました。

 

 

連絡を受け伺ったとき、水を含んだタタミはご家族の手で撤去され、

床合板の上には泥が溜まっている状態でした。

そこからもご家族で、sunomaも少しだけお手伝いをさせていただき、

床上の泥は段々となくなっていきました。

ホウキとちりとりですくってはバケツに入れる作業の繰り返しです。

 

それが終わると、床下の泥の撤去になるのですが、、

床下点検口のみでは泥を掻き出すのは難しく、工務店さんに声をかけ

床に数カ所点検口の様に穴を開け、そこから雨合羽を着て床下へもぐり泥を掻き出す。。。

ドロドロになり、それでも一生懸命泥を出そうと作業してくださいましたが

床下にもぐって泥を取るのは想像以上に難しく、

床を撤去し泥の撤去作業をすることになりました。

 

壁のPB、内部のロックウール断熱材も水を含み、建具や枠も膨らんで

今後の健康被害や住宅への傷みを考えると修繕が必要です。

 

部屋全体を見るとはじめに比べて綺麗になったと感じますが、

土台のきわや、基礎の天端、木の切欠き部分にも泥が入っており

水害被害の大変さを感じました。

 

今回の豪雨により、広島のあちこちで色んな被害があり

どこも大変な思いをされていることと思います。

 

再建へ向けて、途方にくれそうになることもあるかもしれません。

それでもこの泥だって、人の手で少しずつなくなっていったし

またこれまでのように何気ない日常が取り戻せると

信じて出来ることをやっていこうと思います。

 

 

 

再建へ向けて、いくつか支援があります。

 

 

被災者支援制度(窓口は各市町)

 

この中で住宅を修繕する際に関係する主な制度は

 

被災者生活再建支援金(窓口は各市町 福祉保健課、社会福祉課等)

 

被災した住宅の応急修理(窓口は各市町 建築指導課)

 

などがあります。いずれも半壊、大規模半壊、全壊と被害の程度を証明する

 

『り災証明書』が必要となります。

 

その他必要となる書類もあります。

 

申請書類はこちらで作成し、提出もおこなっています。

 

何かお困りのことがございましたらいつでもご相談ください。

 

 

 

気分が落ち込むこともありますが、

過去の教訓に耳を傾け、前に進んでいこうと思います。

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

sunoma

profilephoto

tool

analyze

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

RENOVATION & INTERIOR 広島2018
RENOVATION & INTERIOR 広島2018 (JUGEMレビュー »)

sunomaの事例が住宅と店舗それぞれ掲載されています

recommend

モノ特別編集 小屋 (ワールド・ムック 1144)
モノ特別編集 小屋 (ワールド・ムック 1144) (JUGEMレビュー »)

sunomaの「お姫様の馬車ふう特注ロフトベッド」が掲載されています

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM