『黒瀬の家』ビフォーアフター

  • 2015.12.30 Wednesday
  • 15:02

『黒瀬の家』

完成写真をまとめました。

朝の爽やかな光から、夕暮れの灯かりまで
時刻のながれとともに印象も変わります。



薪ストーブの煙突×赤瓦、意外によく似合います。



残した和室からLDKを眺める。
和室にも断熱材を入れ、広縁はバリアフリーに。
畳表を変えて、イ草のいい香りが広がります。



和室6帖二間と廊下は、畳・襖・障子を取ってLDKに。
黒く塗った厚鴨居が、間取りの名残りです。
宮島の鳥居をイメージした扉のカラーが、印象的。



バーカウンターのようなキッチン。
重厚なタイル貼りで落ち着いた雰囲気に。



壁に囲まれた階段はオープンにして架け替えました。
上部は吹抜けになっています。



庭を背景に、薪ストーブが据わっています。
小さいながらも高火力のストーブを選びました。
リビングの扉は色ガラスを入れて、ノスタルジックなデザインに。



グリーンの壁は壁掛けテレビを設置します。
吹抜けからの光がLDK全体に広がります。



吹抜けの天井はシナ合板を市松張りに。
珪藻土の塗り壁に優しい光が反射します。



台所だったところはWICとロフト付のオーディオルームに。
天井を取って小屋組みをあらわし、ログハウスのような仕上がりになりました。



2階の洋室はペイント仕上げ。
一面は色を変えて、間接照明をつけました。



2階の床は、1階と同じく杉無垢フローリング。
足の裏がさらっとして、柔らかく、とても気持ちのいい感覚です。



洗面室は、カウンターを家具でつくりました。
上部にガラスが入っているのが分かりますか?
浴室はスタイリッシュなオーバーヘッドシャワーをつけ、桧の香りがいっぱいに広がります。



トイレ上部のガラスから、洗面室ごしの自然光を取り入れます。
壁は珪藻土の扇仕上げ、LDKとは表情を変えています。
手洗は信楽焼のボールを選びました。



玄関は以前より上がり降りしやすく、明るい空間になりました。
奥にはシューズクローゼットを作りました。



玄関は鴨居を上げ、開口を高くとりました。
扉は引き分けのガラス戸、すっきりした印象です。
壁はそとん壁を塗っています。

■間取り
和室を中心とした間取りを現在のライフスタイルに合わせ、
広いLDKがメインの間取りに変更しました。

■断熱性能UP
断熱材を床と壁、天井へ施工しました。
1階はシングルガラスのアルミサッシから、高断熱サッシ
(樹脂アルミ複合サッシ、Low-Eガラス複層ガラス)に変更。
2階は無垢木製の内窓を取り付けました。

新しくなった空間で、豊かに楽しく暮らしていかれることを願っています。


〜Before〜






 

『黒瀬の家』 〜赤瓦民家のリノベーション〜

 

−概要−

 

所在地 : 東広島市黒瀬町

 

構造 : 木造2階建

 

工事内容 : 赤瓦の日本家屋(築24年)をリノベーション

 

施工期間 : 2015年7月〜2015年12月

 

延床面積 : 258.05屐1階 177.80 、2階80.25屐

 
設計監理:sunoma

施工:広電建設株式会社・sunoma



撮影協力:寺岡寛

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

sunoma

profilephoto

...

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

RENOVATION & INTERIOR 広島2018
RENOVATION & INTERIOR 広島2018 (JUGEMレビュー »)

sunomaの事例が住宅と店舗それぞれ掲載されています

recommend

モノ特別編集 小屋 (ワールド・ムック 1144)
モノ特別編集 小屋 (ワールド・ムック 1144) (JUGEMレビュー »)

sunomaの「お姫様の馬車ふう特注ロフトベッド」が掲載されています

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM